脇永久脱毛は正しいクリニック選びをする事が重要

脇脱毛とクリニック選びについて脱毛箇所の中でも、特に人気の「脇脱毛」は、エステやサロンの他に、美容外科や皮膚科などのクリニックでも施術を受けることが出来ます。クリニックでの脇脱毛の方法として主流となっているのが、「レーザー脱毛」です。

レーザー脱毛は、エステやサロンなどの「光脱毛」に比べると出力が高いため、効果をしっかり実感することが出来るのが特徴で人気となっている方法です。レーザー脱毛を行うクリニックは全国に存在しますが、クリニック選びを間違ってしまうと、トラブルに発展してしまう恐れがあります。

脇脱毛を成功させる事が出来るかどうか、クリニック選びが重要なポイントとなります。
まず選びたいのが「信頼できるクリニックかどうか」です。

脇脱毛に関しては、しっかりとした実績があるのか、施術を行うスタッフに研修は行われているか、もし肌トラブルなどを起こしてしまった場合、対応してくれるかどうか、などをチェックしておきましょう。脱毛の経験が少ないクリニックだと、スタッフの技術力も低く、順調に脱毛を終えられないこともあります。信頼できるクリニックかどうかは、店舗のホームページや口コミでも簡単に確認することが出来るので、通う前にチェックしておきましょう。

「料金」も重要です。「高すぎないか」「安すぎないか」を、他のクリニックとの料金と比べながら判断しましょう。高すぎると、質の良いサービスを受けられますが払えなくなってしまい脱毛の途中で諦めてしまった、という事にもなりかねません。逆に安すぎると、追加料金などを払う場合が多く、結局トータルで高くなってしまった、という場合もあります。
脇脱毛は、正しいクリニック選びをする事で順調に終わらせることが出来ます。じっくりと判断をして、決めましょう。

脇脱毛の完了するまでの期間と自己処理の違い

暖かくなって、ノースリーブを着るような季節になると、気になってくるのが脇のムダ毛ですね。
いざ脇脱毛を始めた場合、脇脱毛が完了するまでには、いったいどのくらいの期間が必要なのでしょうか?期間を知るには、まずは毛が生まれ変わるシステムである毛周期について知る必要があります。

毛周期というのは、休止期、成長期、退行期などを繰り返しながら毛が生まれ変わる周期のことで、身体の部位によって期間は異なりますが、大体3ヶ月~6ヶ月くらいのサイクルで毛が生まれ変わっています。

この毛周期を意識することはとても大切です。なぜならば休止期の毛を脱毛処理しても脱毛効果が得られないためです。ですから、毎日、脇脱毛に通えば、短い期間で脱毛を完了出来ると考えるのは大きな間違いです。

脇脱毛を行う際には、今生えているムダ毛以外にも、皮膚の下にたくさんの毛が潜んでいるということ。そして、毛周期に合わせて施術を行わないと効果が得られないことをまずは知ってください。

毛周期に合わせるには一定期間、間隔を空けて施術を行います。脇でしたら大体3ケ月くらいが目安の期間になるでしょう。もちろん個人差がありますので、施術を行いながら、自身の周期をつかんでゆくと、より効率的に脇脱毛を行うことが出来ます。

毛周期に合わせて脇脱毛を行った場合、脇脱毛が完了するには大体1年半から2年くらいの期間が必要になります。この期間が長いと思う方もいるかもしれませんが、毛周期を自ら乱し、肌を傷つける自己処理を繰り返すことと比較して考えれば、自然の流れに沿って、肌に負担をかけることなく、確実に脇脱毛が出来るのですから、ある意味必要最低限な期間であるともいえます。

脇脱毛が完了するまでの回数はどのくらいか

これから夏に向けて脱毛をお考えの方は多いでしょう。エステ脱毛で人気の箇所と言えば脇脱毛です。非常にお安い値段のコースもあって気軽に受けられるのが脇脱毛ですが、実際完了までにはどれくらいの回数をこなす必要があるのでしょうか。

エステでは通常光脱毛という方法で脱毛を進めていきます。毛のメラニンに反応する光を照射し、徐々に毛を薄くしていく方法です。無理に引っ張ったりしないので痛みはほとんどなく、肌へのダメージも少ないのですが、全ての毛を一度に処理できないため、終了までそれなりの期間を要するという欠点があります。

毛には生え変わりのサイクルである毛周期があります。毛がどんどん伸びる成長期、成長がおさまって抜け落ちるまでの退行期、抜け落ちた後の休止期の3つに分けられるのですが、光脱毛が効果があるのが成長期の毛だけです。したがって、照射部位のうちの成長期の毛のみしか効果がないので、全ての毛にアプローチするには同一部位に何回か照射する必要があるのです。

このように毛周期に合わせて効率的に脱毛するには、通常同一部位なら2から3ヶ月ごとに照射をすることとなります。
それでは、脇脱毛が完了するまでの回数はどうなのでしょうか。脇はムダ毛の量もそれほど多くないので、脇脱毛は一般的に5、6回もすると自己処理が非常に楽なくらいの毛の量になるといいます。その倍の12回では数本を残してきれいになるようです。

どの程度まできれいにしたいかの度合いによって、脇脱毛完了までにかかる回数は異なってきますが、自己処理が楽になるくらいでいいなら大体1年かけて5、6回照射をして終了、つるつるになりたいなら2年以上かけて12回以上照射をして終了となるようです。

脇脱毛と脇汗について

脇脱毛をすると、脇汗をかきやすくなったり、臭いがきつくなったと感じる人がいるようです。実際は、汗が増えたり、臭いがきつくなることはありませんが、脇の毛が生えていることで、汗をかいた時に毛がある程度の水分を吸収するので脇汗を感じることは少ないのですが、毛が無くなることで汗がダイレクトに出て肌につくので多くなったと感じるのです。

脇脱毛をする前は、汗対策用の脇パットを使用していなかったという方でも、脱毛をすることで使用するようになったという人が多いようです。

脇脱毛と多汗の関連性ははっきりと解明されてはいませんが、考えられる要因はあります。脱毛をしたことで、脇が密着しやすくなり意識するようになるので、少しの汗でも過度に気になって汗がより出てしまうということが考えられます。

そして、レーザーや光、ニードルなど、脇脱毛を行う機器により、汗腺に何らかの刺激を加えてしまったことによってこともあります。汗腺の働きを活性化してしまって、汗を大量にかいてしまうようになるということが考えられます。

精神的な要因の場合には、脇汗を心配しないようにすることで、汗の量を少なくすることができますが、汗腺が活発になってしまった場合は、手術を受けるなどして改善しなければなりません。

脇の毛によって吸収していた汗が、衣類にもつくようになると、衣類にしみこんだ汗と、衣類についていた雑菌が反応して繁殖して臭いの原因になってしまうこともあるので、できるだけ解消することが大切です。

脇脱毛後は、こまめに汗を拭きとったり、制汗剤を使うようにすることで改善できることもありますし、衣類の汗染みが目立ちやすいような服を着る時には汗ワキパットを使うようにしましょう。

脇脱毛とワックス脱毛の特徴

ワックス脱毛の特徴は、毛根や肌への負担が少ないということです。その理由は、ワックスで肌を温めるからです。ただムダな毛を取り除くだけでなく、不必要な角質もキレイに取ることができるので結果的につるつるした肌に仕上げることができます。剛毛で悩んでいる人も、つるつるした肌を簡単に手に入れることができます。

そのため、脇脱毛をワックス脱毛で行う人もたくさんいます。メリットとしては、脱毛してから次の毛が生えてくるまでの期間が約2週間程度なので、ケアをする頻度が少なくなります。また、ワックス脱毛をすることで毛根が弱くなって良き少しずつ生えてくる毛も細くて薄いものになります。

これは、いつもしっかりとした濃くて太い毛に悩んでいた人の悩みを解消することにもつながります。また、サロンでワックス脱毛を行う場合は施術時間も短くて済みます。デメリットとしては、慣れるまでは痛みがあるということです。また、施術をする前には最低でも5㎜くらい毛が伸びている必要があります。

サロンで脱毛用のワックスが取り扱われていることもあるので、自分で行いたいという人はスタッフに詳しく聞いてみると勉強になります。もちろん、ワックス脱毛を行っているサロンもたくさんあります。サロンのメニューには、脇脱毛や腕、そして足や背中などがあります。

全身をワックス脱毛することも可能です。脇脱毛をワックス脱毛の方法で行う場合は、もともと脇は痛みを感じやすいところなので慣れるまでは痛みに耐える必要があります。特に剛毛の場合は、それなりに心の準備をしておくといいです。もちろん、剛毛だからといって脇脱毛をした時に満足できる仕上がりを実感することができないというわけではありません。脇脱毛をすることで、面倒な自分で行う毛の処理をする必要がなくなるということで満足度も高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です